日本のドコモSIMフリー携帯電話を韓国で使えるのか


 

NTTドコモの2011年6月の夏モデルからはSIMロック解除ができるようになりました。
SIMロックを解除すると日本にいる時にはドコモやソフトバンクのSIMカードを入れて使い、
出張や旅行などで海外に行った時には現地のSIMカードなどを購入して使えるようになります。
つまり、料金の高いローミングやレンタル携帯を使う必要がなくなるということです。

では、日本のSIMフリーの携帯は韓国でも使えるのでしょうか?
『韓国ケータイ』ではSIMロック解除可能のスマートフォンSH-12Cを購入して色々試してみました。
結論から言うと、一応日本のSIMフリー携帯電話は韓国でも使えますが、他の国とは違って複雑な過程が必要です。

簡単に説明すると、全ての携帯電話にはIMEIという職別番号が付与されています。
韓国では日本や他の国が『IMEIブラックリスト』という制度を導入しているのと違って『IMEIホワイトリスト』を導入しています。
『IMEIホワイトリスト』というのは韓国のモバイル網で使える携帯電話のIMEIリストを通信会社が収集しており、
このリストに登録してない携帯電話は使えない様にしているというものです。
例えば、ドコモが自社で発売したスマートフォンだけでspモードを使用できる様にしておいたのと同じような原理です。

IMEIブラックリスト IMEIホワイトリスト
IMEI
管理方式
紛失、盗難などの事故がある携帯電話に限って
IMEI番号を収集
通信会社にIMEI番号が登録されている携帯電話に限って
開通ができる
試行国 日本、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど 韓国

ですから、海外(日本を含めて)で購入した携帯電話を韓国で使うには、使いたい携帯電話のIMEI番号を自分が使おうとする通信会社に登録しなければなりません。
しかし韓国の法律上、IMEI番号を通信会社に登録するにはまず電波認証という国からの許可が必要です。
通常、この電波認証は企業が行うと何万円から何十万円もかかりますが、今年1月から個人に限り、機種ごとに一台までは免除してくれています。
しかし代わりに放送通信機資材の搬入申告という申告が必要になりました。これは無料です。

この搬入申告は『放送通信議員会』という政府機関のホームページで行っており、1〜2日しか掛かりませんが、
問題は申請するには韓国人は住民番号、外国人は外国人登録番号とインターネットバンキングなどに使う電子認証書が必要です。
韓国人でしたら普通に持っているものですが、外国人登録というのは韓国に90日以上滞在する予定がない人は登録ができません。
90日以上滞在する予定がある人も外国人登録をするには1~2週間かかります。
最も簡単な方法は韓国人の友達や知り合いに頼むのが一番早く、簡単だと思います。

次の投稿では、韓国人または外国人登録証明書をお持ちの方が日本のSIMフリー携帯を韓国で登録する過程をご説明したいと思います。

Category: ブログ